/

絶望する人に希望をもたらす経済学 危機克服の処方箋

『絶望を希望に変える経済学』

世界各地で社会の分断が深まっている。移民の排斥や格差の拡大、地球温暖化などの重大な問題が深刻化するなか、不幸な人々のいない社会を実現するため経済学には何ができるのか――。今回紹介する『絶望を希望に変える経済学』(村井章子訳)では、「世界的な貧困緩和」に関する研究で2019年にノーベル経済学賞を受賞した2人の学者がその「答え探し」を試みた。

◇   ◇   ◇

アビジット・V・バナジー氏(撮影:Nastasia Verdeil)

著者のアビジット・V・バナジー氏とエステル・デュフロ氏は2019年のノーベル経済学賞を2人そろって受賞しました。MITフォード財団国際記念教授(経済学)のバナジー氏はインドのコルカタ大学とジャワハラール・ネルー大学を卒業。1988年にハーバード大学でPhD(経済学)を取得しています。

デュフロ氏はMITアブドゥル・ラティフ・ジャミール記念教授(貧困削減および開発経済学担当)。フランス出身で、バナジー氏の配偶者です。パリ高等師範学校を卒業後、1999年にMITでPhD(経済学)を得ました。ノーベル経済学賞の受賞は女性として2人目です。『貧乏人の経済学』(邦訳:みずず書房)の共著もある2人の主要な研究テーマは開発経済学で、「世界的な貧困緩和への実験的アプローチ」が評価されてノーベル賞の受賞につながりました。

エステル・デュフロ氏(撮影:L. Barry Hetherington)

彼らの業績は「RCT(Randomized Controlled Trial)」という実験手法を開発経済学に適用したことです。「ランダム化比較試験」と表現されるこの方法は、無作為(ランダム)に抽出した集団で、特定の施策が果たして有効に働くかどうかを測ることに使います。本書では、一例として省エネ対策の効果測定が紹介されています。それはランダムに選んだ世帯に定期的にエネルギー報告を届ける「実験」でした。報告にはエネルギー消費量の近隣世帯との比較データを付けてあります。あとから調査してみると、報告を受け取った世帯ではエネルギー消費量が減っていました。彼らは熱心に節約に取り組んだのです。さらに、この傾向は報告書送付をやめても続くことが判明しました。つまり報告の配布が有効だったのです。このようにRCTは、ものごとの因果関係を推論するのに役立ちます。薬の治療効果を確かめるために実施する「治験」に似た手法です。

自由貿易はいいことなのか

本書の序章には「経済学が信頼を取り戻すために」という題が付いています。世の中には経済学が有効な解決策を示すことができない問題、例えば「移民」「貿易戦争」「社会格差」「環境破壊」などが数多く存在します。なぜ経済学には、現実を変革する力が足りないのでしょうか。

実は、世の中の人々は経済学者の声に耳を傾けないことがしばしばあります。経済理論が提示する「正解」と世論の求めるものとの間には大きなギャップがあるのです。象徴的な例が米中経済摩擦を巡る議論です。18年にトランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムの輸入品に追加関税を導入する大統領令に署名しました。当時、一流大学の教授約40人に関税問題についてアンケートをしてみました。「追加関税でアメリカ人の生活水準は上がると思うか」と質問したところ、65%が「まったく思わない」と強く否定しました。残りの学者も「思わない」との回答で、「そう思う」も「どちらとも言えない」もゼロ。ところが、アメリカ国内の一般市民1万人に同じ質問をしてみたら「追加関税で生活水準が上がると思う」という回答がなんと33%もあったのです。

著者は様々な角度から自由貿易の利益と不利益を分析していきました。経済学的な考え方では、自由貿易は世界の富を増やします。著者はまず「ものと人、そしてアイデアや文化の交流が世界を豊かにしてきたことはまちがいない」と指摘します。

ただし、全ての人に恩恵があるわけではありません。「いいタイミングでいい場所に居合わせ、しかるべきスキルやアイデアを持ち合わせていた幸運な人たちは裕福になった」けれども、「それ以外の大勢の人々にとっては、いいことばかりだったとは言えない」のです。結局、著者は「今や、移民問題とともに政治の行方を決する要因になっているのは、貿易の負の影響だと言える」と判断します。ここで、保護関税の是非について議論した下りを引用します。

  では、保護関税は問題の解決に役立つのか。答えはノーだ。関税の導入は、アメリカ人を助けることにならない。理由は単純だ。ここまでの議論で私たちが主張したいことの一つは、移行期にもっと注意を払う必要がある、ということである。チャイナ・ショックで解雇された人の多くは、ショックに見舞われる前の生活水準を回復できていない。なぜなら経済というものは硬直的だからだ。彼らは別の産業や別の土地へ移って自立することができない。リソースも移動しない。
  だからといって中国との貿易をいま打ち切るのは、新たな解雇を生むだけである。新たに負け組になるのは、おそらくはこれまで名前を聞いたこともない郡で生活している人々――農村地帯の人々だ。なぜ聞いたこともないかと言えば、何の問題もなく暮らしているのでニュースにならないからである。
(Chapter3 自由貿易はいいことか? 138ページ)

次いで、経済成長について考えてみましょう。よく知られているように経済は周期的に好不況の波に見舞われます。それでは、長い目で見ると経済は成長を続けていくのでしょうか。それとも、必然的に停滞に陥るのでしょうか。経済学にとって根本的なテーマですが、実は経済学者は誰も答えを持っていません。

著者はインドの経済発展の事例を引き合いに出します。インドの製造業は02年ごろから工場への最新技術の導入が進みました。「インド製造業の奇跡」という声がありましたが、著者はこの見方に賛成しません。当時のインドの経済状況は「奇跡でもなんでもなく、最悪のスタートからの小幅の改善に過ぎない」からです。そして、「どんな経済政策を導入したら今後も発展が続くのかはまったくわからない」と指摘します。

  不幸なことだが、経済学者はなぜ成長するかをわかっていないうえに、なぜ停滞する国としない国があるのか(韓国は成長し続けているのになぜメキシコはそうでないのか)も理解しておらず、停滞からどう抜け出すかもはっきりわかっていないのである。
(Chapter5 成長の終焉? 295ページ)

人間の幸せを見つめる経済学

貧困問題をテーマの一つとしてきたバナジー氏とデュフロ氏からは「弱者への優しいまなざし」が強く感じられます。2人の学者にとって「良い経済学」とは、誰もが人間らしく生きられるより良い世界を作るのに役立つものでなければならないのです。

弱者へ配慮を優先する姿勢は「ベーシックインカム制度」への理解に表れています。すべての人に生活に必要な基本的な収入を保証するこの制度について「社会政策としてこれ以上のものはない、というのがユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)だ」と高く評価しています。2人の語り口からは、人間の本性を「善」と見なす楽観論がにじみ出ています。人間は元来、社会のためになることを求める存在だと見ているのです。「福祉が怠け者を生む」というような考え方は誤りだと強く訴えます。

  旱魃の被害を受けたインドの農民、シカゴ南部の若者、五〇代半ばで解雇された白人男性の共通点は何だろうか。それは、彼らは問題を抱えてはいるが、けっして彼ら自身が問題なのではないことだ。彼らを「貧窮者」だとか「失業者」とかいった括(くく)りで見るのをやめ、1人の人間として見るべきである。発展途上国を旅して何度となく気づかされるのは、希望は人間を前へ進ませる燃料だということだ。抱えている問題でその人を定義することは、外的な条件をその人の本質と見なすことにほかならない。そのように扱われた人は希望を失い、社会に裏切られ疎外されたという感情を強く持つことになる。それは社会全体にとって非常に危険なことだ。
(Chapter9 救済と尊厳のはざまで 460~461ページ)

「ベーシックインカム」の議論は、コロナ禍に見舞われている私たちにとって切実な課題でもあります。外出自粛や経済活動の急速な冷え込みにより、多くの人々の収入が途絶えました。我が国で10万円の一律給付金や各種の休業補償を議論していることが「生存のため給付」の重要性を示しています。本書は多くの若いビジネスパーソンに、深く考えるための様々な材料を与えてくれることでしょう。

◆編集者からひとこと 日本経済新聞出版・金東洋

「出るべきタイミングに偶然当たる本」というのが稀に存在しますが、本書はまさにその一つでしょう。版権を買ったのは2017年のことで、まだ2人がノーベル経済学賞を取る前でしたし、感染症で世界経済と人々の日常生活が未曾有の危機に直面するなど考えてもみませんでした。

著者たちは「経済学者は幸福や福祉という概念をひどく狭く定義する傾向がある」とし、「人間の望む幸福とは何か、幸せな暮らしを構成する要素とはどんなものか」を深く考えたと述べています。これこそ、コロナの時代の私たちが問われていることではないでしょうか。私たちの「幸せ」とは? そのために政府ができることとは? 

絶望の淵にある社会に対して、経済学と社会政策にできることを問う「この夏、必読」(ビル・ゲイツ選)の1冊です。

 一日に数百冊が世に出るとされる新刊書籍の中で、本当に「読む価値がある本」は何か。「若手リーダーに贈る教科書」では、書籍づくりの第一線に立つ出版社の編集者が20~30代のリーダーに今読んでほしい自社刊行本の「イチオシ」を紹介します。

絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか

著者 : アビジット・V・バナジー、エステル・デュフロ
出版 : 日本経済新聞出版
価格 : 2,640円 (税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン