/

京阪神ビルディング、総会で旧村上ファンドの人事案否決

京阪神ビルの本社が入るビル(大阪市)

関西を地盤とする不動産会社の京阪神ビルディングが大阪市内で16日開いた定期株主総会で、旧村上ファンド出身者が設立した投資ファンド、ストラテジックキャピタルによる社外取締役選任の株主提案は否決された。同ファンドは、取締役の多くを主要行である三井住友銀行の出身者が占めていることを問題視していた。

会社側が出した取締役選任など4議案は全て可決された。京阪神ビルディング常務執行役員の多田順一氏は「経営陣が当社の中長期的な価値向上を目指していることに、株主から支持をいただいた」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン