/

[英文]豪前首相、中国の圧力に抵抗呼びかけ

オーストラリアのターンブル前首相は中国が豪州に圧力を強めていることについて、モリソン政権は中国の脅しに屈する必要はないと訴えた。モリソン首相が4月に中国から広まった新型コロナについて「発生源を特定する独立した調査が必要だ」と語ったことに対し、中国は猛反発。豪産の食肉の輸入を一部停止し、大麦にも追加関税をかける措置をとった。

ターンブル氏はNikkei Asian Reviewのインタビューで、中国の反応は完全に過剰反応だと指摘。豪州の経済界や一部政治家に中国からの投資が減ることに懸念が高まっていることに反論し、多くのオーストラリア人は豪州は中国の受益者という考えにとらわれていると述べた。

一方、新型コロナを巡る中国とのやり取りが、対中批判を強める米国を側面支援する目的との印象を与えるべきではないとも強調した。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン