/

この記事は会員限定です

地銀で投信積み立て拡大

[有料会員限定]

地方銀行で投資信託の積み立て購入を利用する顧客数が伸びている。顧客基盤の拡大、特に現役層開拓の糸口として注力する地銀が増えているためだ。利用者が増加した地銀の多くは販売額も伸びており、着実に成果を上げてきている。ファンド情報が販売状況の調査対象としている地域金融機関の総計で、2020年1~3月期の投信積み立て販売額は19年1~3月期に比べ4割増加した。

福岡銀、利用者6割増

積み立てを最も伸ばしたのは福岡銀行だ。投信積み立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン