/

非武装地帯への軍進出警告 北朝鮮「前線を要塞化」

【北京=共同】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は16日、韓国の脱北者団体による体制批判ビラへの報復行動として、韓国との軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)への軍隊の再進出に向けた手続きを進めると警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

「前線を要塞化」して韓国に対する軍事的警戒を強化するなどとし、今後、行動計画を作成して朝鮮労働党中央軍事委員会の承認を得るとした。

前線地帯や黄海上での北朝鮮住民による韓国へのビラ散布計画にも言及した。

金正恩党委員長の妹、金与正党第1副部長は13日の談話で、北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所を「跡形もなく」すると表明した上で「次の対敵行動の行使権は軍総参謀部に渡す」と述べていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン