経済再開に「待った」 米オレゴン州など、第2波を懸念

2020/6/16 6:23 (2020/6/16 7:35更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】米国で新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、経済活動の再開をいったん止める動きが西部や南部の一部で出始めた。自治体や医療機関が対処しきれない「第2波」に発展すれば、外出規制を再び導入する必要に迫られ、景気回復の足かせとなりかねない。

15日までに西部オレゴン州、同ユタ州のほか、東部メリーランド州の最大都市ボルティモア、南部テネシー州の州都ナッシュビルが再開の一時停止を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]