米連邦最高裁、「職場でのLGBT差別は違法」と判断

2020/6/16 0:42 (2020/6/16 5:21更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米連邦最高裁は15日、職場でのLGBT(性的少数者)差別は、性別に基づく差別を禁じた連邦法に違反するとの判断を示した。性的指向や性自認を理由にした解雇などは違法とした。2015年の同性婚合法化に続くLGBTの権利保護に関する大きな判断となる。

判断は6対3で、ロバーツ長官とゴーサッチ判事の保守派2人が支持に回った。ゴーサッチ氏は判決文で「同性愛者やトランスジェンダー(出生…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]