イランの査察拒否「深刻な懸念」、IAEA事務局長

2020/6/16 0:16
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)の定例理事会が15日、始まった。核合意からの逸脱を続けるイランは、過去に秘密で核活動をしていた可能性がある施設の査察を拒否している。グロッシ事務局長は冒頭の声明で深刻な懸念を表明し、ただちに査察に協力するよう求めた。

IAEAが問題視しているのは、2002~03年ごろに未申告の核活動疑惑が浮上している2カ所の施設。グロッシ氏はこの問題についてイ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]