夢を忘れたホンダ、効率経営と独創性の両立に腐心

2020/6/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「トヨタ自動車が出した新車に対抗する商品をつくってくれ。(営業の)自分たちが話したようにやれば売れる」

「他社のまねではなく、今までにない発想の商品やサービスを出す」

4月に四輪事業本部に開発機能が統合された本田技術研究所。研究所の元幹部によると、統合構想は過去にも浮かんでは消えた。独立して運営する研究所はホンダと対等であり、時には激しく意見を戦わせ、持論を貫いた。その自立意識が独創的な技術を生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]