吹田拳銃強奪1年、抜き打ちで襲撃訓練 安全なお模索
全交番に不審者センサーも

社会・くらし
2020/6/16 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪府吹田市の交番前で警察官が刺され拳銃を奪われた事件は16日で発生から1年。事件後、府警は全交番と全駐在所に不審者検知のセンサーを設置し、交番で抜き打ちの襲撃訓練を行うなど対策を進めてきた。住民から信頼を集め、治安の要とされてきた交番の安全をどう守るのか。専門家からは少人数対応の運営見直しを検討すべきだとの声も上がっている。(村越康二、三浦日向)

「ピンポーン」。11日午後、大阪府警曽根崎署の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]