3D工場、画面で仮想工事 味の素が保守サービス

2020/6/16 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

味の素は、工場を丸ごとスキャンしてクラウド上に再現する「3D工場」サービスに乗り出す。現地視察が不要になり、施工業者らと画面上で工事の立案や、設備入れ替えのテストが可能になる。新型コロナウイルス禍で、工場の保守管理でも「遠隔」「在宅」作業のニーズが高まるとみる。

味の素グループの味の素エンジニアリング(AJEC、東京・大田)が、3Dデジタル工場管理サービス「プランタクシス」を開発した。他企業への…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]