身近な病院でPCR 奈良県、第2波に備え認定制度

2020/6/15 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の第2波に備え、関西の自治体が感染の有無を調べるPCR検査の拡充を急いでいる。奈良県は身近な医療機関でPCR検査を受けられるようにする「発熱外来認定制度」を週内にも創設する。医師会などが運営して医師の判断で迅速にPCR検査ができる「地域外来・検査センター」も各府県で広がってきた。医療機関や民間企業の能力を生かし、感染拡大の兆候をいち早くつかむ。

奈良県は一般の民間病院…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]