アクリル板を手軽に固定 ヒノキ使ったフレーム

2020/6/15 19:36
保存
共有
印刷
その他

石見林業(島根県邑南町)は、新型コロナウイルスの感染防止対策のアクリル板を、手軽に固定できる木製フレームを開発した。天然乾燥ヒノキを素材に使った。幅4.5センチ、奥行き30センチ、高さ50センチのフレームを両サイドに立て、アクリル板を挟み込む。ほのかにヒノキの香りがするので、リラックスできるという。

邑南町役場で使われている石見林業が開発した飛沫防止パネル用フレーム

メッセージや画像をフレームに印字することもできる。1セット2000円(税別、アクリル板は別売り)。文字や画像の印字は1カ所無料で、追加する場合は1カ所当たり500円(税別)。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]