/

ヨーカ堂、アプリで買い物可能に レシピも毎日配信

「イトーヨーカドー ネットスーパーアプリ」の商品選択画面

セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂と、献立作成アプリ「タベリー」を運営する10X(テンエックス、東京・中央、矢本真丈社長)は15日、スマートフォンからヨーカ堂の食料品を購入できるアプリの運用を始めたと発表した。毎日配信する料理レシピに必要な食材をまとめて購入できる。手軽に購入できるスマホアプリ導入で、伸長するネットスーパーの需要取り込みを目指す。

アプリの名称は「イトーヨーカドー ネットスーパーアプリ」で、電子商取引(EC)事業の立ち上げを支援する10Xのソフトウエアを活用する。ヨーカ堂のネットスーパーはウェブサイトによるサービス提供が中心だったが、アプリも導入することで利用方法の選択肢を増やす。

7千種類以上あるレシピから、旬の食材などを使った献立もアプリに毎日表示する。必要な食材を簡単な操作でまとめて購入できるようにした。新型コロナウイルス感染拡大の影響でネットスーパーの需要は高まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン