雇用維持に人材橋渡し 兵庫県がサイト、農業界など期待

2020/6/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

兵庫県が新型コロナウイルスの影響で一時的に雇用の維持が難しくなった企業と、人手不足の業種を結びつける「ワークシェアリング」仲介に乗り出す。7月に県のウェブサイト上に専用コーナーを開設する。企業側に雇用の継続を促すとともに、人材難の緩和につなげる。

短期的に人手を求める事業主からの求人情報を集め、サイトに掲載する。雇用の維持に悩む企業や職探しをしている個人がサイトを閲覧し、求人側に直接、連絡できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]