パナソニック、5G用部材を増産 中国で80億円投資

2020/6/19 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックは次世代通信規格「5G」向けの電子部品材料を中国で増産する。6月中に広東省広州市にある工場で増設を始め、2021年秋に稼働を始める予定だ。投資額は約80億円。生産能力は明らかにしていないが従来の1.5倍に引き上げる計画だ。日本や台湾でも同種の材料を生産する中、5G需要の急拡大が見込める中国でまず供給能力を高める。

増産するのは、特殊な樹脂などの表面に銅箔を貼った板や接着シートで、プリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]