キューバ、返済猶予を再要請 トランプ政権下で資金難

2020/6/15 17:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【メキシコシティ=宮本英威】カリブ海の社会主義国キューバが深刻な外貨不足に陥っている。日本を含むパリクラブ(主要債権国会議)に返済猶予を要請した。同国を敵視するトランプ米大統領の制裁強化や新型コロナウイルスの影響で、観光などを通じた外貨獲得が難しくなっている。

「2019~21年分にはモラトリアム(返済猶予)を要請し、22年から返済を再開したい」。AFP通信によると、キューバ政府が日本を含む14…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]