比大統領、反テロ法で強権拍車 任期終盤に求心力維持

2020/6/15 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンは治安当局の権限拡大などを定めた「反テロ法」を近く施行する。残り任期が6月末で2年となるドゥテルテ大統領は、反政府勢力の摘発を強化して求心力を維持したい考えだが、政権に批判的な人が抑圧されかねないとの指摘もある。

「十分かつ効果的にテロ行為を封じ込めるため、迅速に法制化する必要がある」。ドゥテルテ氏は1日、下院議会の議長に書簡を送り、反テロ法案の早急な承認を求めた。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]