遠州鉄道系の遊興施設、7月再開 ホテルは8月から

2020/6/15 19:52
保存
共有
印刷
その他

遠州鉄道(浜松市)子会社の遠鉄観光開発(同市)は15日、新型コロナウイルスの感染拡大で4月上旬から休業していた遊興施設や宿泊施設を7月以降に再開すると発表した。国内観光が徐々に再開するなか、主に静岡県西部や愛知県東部など地元の利用客を見込む。

遊園地「浜名湖パルパル」や「浜名湖オルゴールミュージアム」「かんざんじロープウェイ」は7月4日に再開する。入場時の検温や、列に並ぶ時の間隔の確保など、感染対策を徹底する。浜名湖パルパルのプールは今夏の営業は中止する。

「ホテルウェルシーズン浜名湖」と「日帰り天然温泉 華咲の湯」は8月1日に再開する。カラオケや卓球場など、人が密集しやすい一部の施設は開けない。「ホテル九重」の再開時期は需要の回復をみながら検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]