日銀、大規模緩和を維持 資金繰り支援総枠110兆円に

2020/6/16 4:00 (2020/6/16 13:03更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は16日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和政策の維持を決めた。3~5月に導入した新型コロナウイルス対応を続けながら政策効果を見極める。企業の資金繰り支援は、政府の2020年度第2次補正予算を受け、総枠が75兆円から110兆円になる。国内景気の判断は、コロナ禍で「きわめて厳しい状態にある」と下方修正した。

決定会合は15日から2日間にわたって開いた。黒田東彦総裁が16日午後に記者会見する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]