スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

最高峰の攻防、非情の9秒 ボクシング長谷川穂積
語り継がれる名勝負 忘れ得ぬ敗者(4)

2020/6/15 17:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「オウジャタイオウジャ(王者対王者)、セイキノイッセン(世紀の一戦)ニヨウコソ!」。世界的リングアナウンサー、ジミー・レノンの美声に1万1千観衆が沸き返る。2010年4月30日、日本武道館。誰よりも長谷川穂積自身が待ち望んだ大一番だった。

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王座を守ること10度。脱水症状で足がつり、かかとがひび割れて血がにじむほどの減量苦に耐えながら歴史ある階級にとどまった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が女子の普及や知名度向上を目指し、お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さんに女子の強化委員就任を要請したことが9日、関係者の話で分かった …続き (9日 14:31)

 ボクシングの帝拳ジムは7日、同ジム所属で世界3階級制覇の実績があるホルヘ・リナレス選手(34)=ベネズエラ=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今月28日の米国での試合に備えてPCR検査を受け …続き (7日 16:19)

 柔道女子78キロ超級で東京五輪代表の素根輝(20)が7月いっぱいで環太平洋大を退学していたことが1日、関係者への取材で分かった。当面は無所属のまま母校の福岡・南筑高を拠点に、来夏に延期された五輪での …続き (1日 11:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]