/

この記事は会員限定です

林業にICT、需給仲介促す 愛知県が新システム

[有料会員限定]

愛知県はICT(情報通信技術)を活用したスマート林業を広げる。製材の無駄をなくすために、今秋に事業者間で木材の需給をマッチングするシステムを開発する。航空レーザーを活用したデータ解析やドローンなどの先端技術で木材の生産や流通を効率化する。

愛知の林業産出額は30億6千万円(2018年時点)と全国33位どまり。生産者の高齢化も進む。大消費地の名古屋市があることから、家具などの木製品・木材出荷額は14...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン