/

[英文]パキスタン、遅れるコロナ対策 陰謀論が妨害

パキスタンでは新型コロナウイルスの新規感染者が急増しているが、政府は移動制限の緩和や観光の再開といった経済優先の政策にカジを切っている。世界保健機関(WHO)は感染拡大の防止を求めているが、パキスタン政府は聞く耳を持たない。

背景にはパキスタンで多くの市民がソーシャルメディアに流布する陰謀論や誤情報を信じ、新型コロナを軽視していることがある。一部の医者も陰謀論を広げ、科学的な証拠のない治療薬を提案している。

専門家は、無知と宗教における保守主義、政府への不信感が、陰謀論が広がる素地にあると指摘する。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン