チャンピオンカレー、フードロス対策でエビフライ商品

2020/6/15 14:16
保存
共有
印刷
その他

カレー店運営のチャンピオンカレー(石川県野々市市)は15日、車エビ1尾をまるごと揚げたエビフライ入りのカレーを発売した。新型コロナウイルスの影響で深刻になっているフードロス(食品廃棄)を防ぐため企画した。野々市本店限定のテークアウト商品として提供する。

「有頭エビフライカレー」の車エビは国産で、生鮮食材通販サイト「豊洲市場ドットコム」から仕入れた。エビフライは頭から尻尾まで食べられる。価格は980円。数量限定でなくなり次第、販売を終える。

エビフライカレーの発売にあわせ、同通販サイトでもチャンピオンカレーのレトルトカレーの販売を11日に始めた。4種類の詰め合わせで、送料込みの価格は2790円になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]