/

この記事は会員限定です

素材各社、5G向け増産へ勢い AGCは窓アンテナ

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

次世代通信規格「5G」向けの先端素材で、日本の材料メーカーが投資を本格化している。5G用の電子素材には高周波の電波への対応や電気信号の損失の抑制などが求められる。5Gの普及には新素材の導入が不可欠で、高機能素材の開発や増産で需要を取り込む。

5Gは2019年までに米国や韓国で、今年春には日本で商用化された。4Gは3.5ギガヘルツ帯の周波数帯を使うが、5Gは28ギガヘルツ帯の「ミリ波」の周波数帯を利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン