米国進出企業、新型コロナで労務訴訟に注意

法務インサイド
2020/6/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響が広がった米国で企業の事業再開が相次ぐなか、従業員の安全確保策や解雇を巡る紛争のリスクが高まっている。米国では日本と比べ訴訟が容易なうえ、高額な損害賠償が認められるケースも多い。特に日本の企業文化の影響を受ける日系企業は「差別」に関する意識の鈍さなどが落とし穴になりかねない局面だという。米国最大規模の人事労務系法律事務所で日系企業などに対する助言を多数手掛けている現地在住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]