/

官房長官「意図や影響を分析」 南北事務所の破壊予告

菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長による談話について「北朝鮮の意図や日本への影響を分析している」と述べた。「内容は控えたい」と話した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所の破壊を予告する金与正氏の談話を報じた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン