/

LXデザイン、小中高校に外部人材をオンライン紹介

教育関連のIT(情報技術)サービスを手がけるLXデザイン(東京・千代田)は学校向けに、民間の人材を特別授業の講師として紹介するオンラインサービスを始めた。ITや起業、語学などの分野で外部人材の活用を進めたい学校と、自分の知見を教育の場で生かしたい人材をつなぐ。

ITやキャリア教育など多様なニーズに対応していく

学校教育に特化した人材仲介サービス「複業先生」の試験運用を始めた。学校側は教えてもらいたいテーマや報酬などを記した求人案件をサイトに登録し、掲載料をLXデザインに払う。

講師を務めたい利用者は教えられるテーマを無料登録し、学校側が提示する案件の中から希望の授業に応募する。登録された人材を見て、学校側からアプローチすることも可能だ。

募集案件は教員免許が不要な単発の授業が中心となる見込みだが、中長期の需要にも対応する。小学校で教師を務めた経験もある同社の金谷智社長は「『総合的な学習の時間』やキャリア教育の観点からも、外部人材を求める学校は多い」と話す。すでに大手のIT企業に勤める人やスポーツ選手らが登録しているという。

小学校から高校まで、合わせて年内に100案件、1000人の人材登録を目指している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン