[英文]アジアで広がるクラウドファンディング コロナ禍で

2020/6/15 11:30
保存
共有
印刷
その他

インターネットで小口の資金を不特定多数の人から募るクラウドファンディング(CF)が、アジア各国で普及している。新型コロナウイルスの感染拡大で経営が悪化した飲食店が増える中、利用客がネットを活用した寄付で企業の存続を支えている。

日本ではブランド和牛の生産者を支援するCFに1億円を超える資金が集まった。観光客が減少し、ブランド和牛「飛騨牛」を卸すホテルなどが苦境に陥った。支援者には、生産者が育てた飛騨牛を返礼品として発送する。

シンガポールのCF仲介大手によると、同社を経由した支援額は昨年に比べて2倍となっている。コロナ禍で企業による慈善イベントが中止に追い込まれる一方、ネット寄付が増えているという。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]