日経平均続落、下げ幅一時600円超 2万2000円下回る

2020/6/15 9:12 (2020/6/15 14:19更新)
保存
共有
印刷
その他

15日の東京株式市場で、日経平均株価は一段安の展開になっている。一時、前週末終値に比べ600円超下落し2万2000円を下回った。足元は2万1700円台で推移している。新型コロナウイルスの「第2波」への警戒感が高まるなか、先物主導で売りが膨らんでいる。ディスコ、アドテストなどの半導体関連株の下げも目立つ。日本時間15日の取引で米原油先物が下落していることも重荷となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]