/

「対立構造終わりに」静岡のリニア着工巡り国交省局長

静岡工区の現場を視察後、静岡市で記者会見する国土交通省の水嶋智鉄道局長

国土交通省の水嶋智鉄道局長は13日、リニア中央新幹線の静岡工区の作業基地を視察した。視察後の記者会見で、大井川の流量減少問題などを巡りJR東海と静岡県の主張が対立し、リニア着工のメドが立っていないことについて「抽象的な言葉のやりとりに陥らず事実に即した建設的な議論が重要だ。対立構造としてとらえるのは終わりにしたい」と語った。

視察には同省の江口秀二技術審議官も同行し、トンネル掘削に使う資機材を置く作業基地「ヤード」を訪ねた。11日には静岡県の川勝平太知事もヤードや作業道の林道を視察し、JR東海がリニアの2027年開業を前提とする静岡工区準備工事の6月再開は容認できない考えを表明した。

水嶋鉄道局長は、JR東海が22年度に終える林道の改修後でないと準備工事を認めない意向を川勝知事が示したことにも触れ「(林道の)作業員への安全確保が作業再開を認める判断の基準であるかのような報道もある」と指摘。「県が権限を持っていないなら一般的な要請にとどまることになるかもしれない」と制度上の根拠を明確にする必要性も訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン