タクシーで飲食宅配、コロナ特例の恒久化検討 国交省

2020/6/13 19:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タクシーによる飲食品の配送サービスが拡大している。タクシーは本来、乗客しか運べないが、国が新型コロナウイルスの感染拡大を受け暫定的に認めたところ1カ月半で約1500社が参入した。国土交通省は特例を恒久化する検討を始めた。

タクシーが有償で運送できる範囲は道路運送法で定められている。運ぶのは原則として旅客で、飲食品配送は専門の宅配業者が多い都市部では認められていない。過疎地では可能だが、利用は広が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]