/

この記事は会員限定です

コロナで弱る首相の感度

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う会合自粛で、安倍晋三首相の夜の会食も3月19日以降なくなった。ジムにも通えず、その代わりに週末は「1日1万歩」をめざし、東京・富ケ谷の私邸や首相公邸のなかを歩いて健康維持に努める。

首相にとって会食は内閣支持率を保つ秘訣だった。人と直接会って話すのは世論の受け止めを見定めるアンテナとなる。「あの大臣は意外と評判が良いんだね」「この政策はうまく伝わっていないな。説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン