今や二輪が稼ぎ頭のホンダ、研究所改革で四輪てこ入れ

2020/6/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダが覚悟を決めた。2015年にトップに就いた八郷隆弘社長の下、国内外で工場閉鎖やサプライヤー再編を打ち出し、最後にメスを入れたのが、設立60年を迎えた本田技術研究所。創業者の本田宗一郎氏が初代社長を務め、「聖域」とも言える技術の総本山だ。低収益から脱せられない四輪車事業を抜本的に刷新するために大なたを振るう。新型コロナウイルスやサイバー攻撃など難題が相次ぐが、四輪の大改革をやりきれるか。

■「

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]