/

トランプ氏集会、20日に変更 奴隷解放日避ける

トランプ大統領は選挙集会の開催を重視している=AP

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は12日、南部オクラホマ州タルサで19日に予定していた選挙集会を1日ずらして20日に開催するとツイッターで表明した。19日は奴隷解放の記念日にあたり、支持者らが変更を求めたのに応じると説明した。

米国では、南北戦争で南部テキサス州が陥落した1865年6月19日を奴隷制が終わった記念日としている。民主党からは19日の集会開催への批判が高まっていた。白人警官による黒人暴行死事件で人種差別問題への関心が高まっており、トランプ氏は配慮を示したとみられる。

米大統領選

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン