/

この記事は会員限定です

夏の持ち帰り、食中毒防げ 「新常態」で飲食店奔走

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、総菜などのテークアウトを始めた飲食店が食中毒防止に知恵を絞っている。食品が傷みやすい梅雨や夏を迎える中、盛り上がった機運を絶やすまいとメニューの提供方法を変えたり、客にきめ細かな対応を求めたり懸命だ。

「寄り道せず早めに食べよう」。北海道旭川市の飲食店を応援するサイト「旭川テイクアウトマルシェ」は5月下旬、食中毒予防のポイントをイラスト付きで書いたメッセージカー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン