夏の持ち帰り、食中毒防げ 「新常態」で飲食店奔走

2020/6/13 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、総菜などのテークアウトを始めた飲食店が食中毒防止に知恵を絞っている。食品が傷みやすい梅雨や夏を迎える中、盛り上がった機運を絶やすまいとメニューの提供方法を変えたり、客にきめ細かな対応を求めたり懸命だ。

「寄り道せず早めに食べよう」。北海道旭川市の飲食店を応援するサイト「旭川テイクアウトマルシェ」は5月下旬、食中毒予防のポイントをイラスト付きで書いたメッセージカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]