/

米ジャクソンホール会議、8月27~28日にオンラインで

【ワシントン=長沼亜紀】米カンザスシティー連邦準備銀行は、例年8月にワイオミング州で開く経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を8月27~28日にオンライン形式で開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で各国の中央銀行幹部や経済学者らが集まって討議する形は困難になった。

昨年の経済シンポジウムの合間に散歩をするFRBのパウエル議長(右)とニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁(米ワイミング州ジャクソンホール、2019年8月22日)=ロイター

ジャクソンホール会議には毎年、米連邦準備理事会(FRB)議長をはじめ世界の金融関係者が集まるため、関係者の発言が注目を集めてきた。オンライン形式での開催は初めてで、今年のテーマは「10年先に向けて舵(かじ)をとる」となっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン