米外食や物流「コロナ追加料金」 コスト転嫁、反発も

2020/6/13 3:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】米企業の間で、新型コロナウイルスの影響によるコスト増を顧客に転嫁する動きが出ている。通常の価格に上乗せして追加料金「コロナ・サーチャージ」を課す行為で、レストランや美容院、物流などに広がる。消費者には不評で撤回する例も出ている。

米国で新型コロナは、「COVID-19」と呼ばれることが多い。経済再開が進む州を中心に、「久しぶりに買い物に行ったらCOVIDサーチャージを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]