/

この記事は会員限定です

米外食や物流「コロナ追加料金」 コスト転嫁、反発も

[有料会員限定]

【ニューヨーク=清水石珠実】米企業の間で、新型コロナウイルスの影響によるコスト増を顧客に転嫁する動きが出ている。通常の価格に上乗せして追加料金「コロナ・サーチャージ」を課す行為で、レストランや美容院、物流などに広がる。消費者には不評で撤回する例も出ている。

米国で新型コロナは、「COVID-19」と呼ばれることが多い。経済再開が進む州を中心に、「久しぶりに買い物に行ったらCOVIDサーチャージを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン