大阪府、京大iPS研究所と連携 新型コロナの検査強化

2020/6/13 6:00
保存
共有
印刷
その他

記者会見する京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(12日午後、大阪府庁)=共同

記者会見する京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(12日午後、大阪府庁)=共同

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大阪府は12日、京都大iPS細胞研究所、京都大病院、大阪市立大と連携協定を結んだ。大阪府とiPS細胞研究所が連携し、「PCR検査」の検査体制を強化する。京大病院と大阪市立大は、感染歴を調べる「抗体検査」の共同研究を進め、治療薬やワクチンの開発につなげる。

同研究所は府内の医療機関に高性能のPCR検査機器計11台を貸与。約600件の検査が可能となる。1日最大約1400件から約3500件にまで増やす計画だ。

12日の締結式で京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授は「第2波を食い止めなければ経済がもたない。感染が落ち着いている間に検査体制を強化することが重要だ」と力を込めた。

吉村洋文知事は「(同研究所との)共同研究で、検査の質を高めていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]