/

この記事は会員限定です

中国の社会保障収支、20年は赤字へ 企業負担減免響く

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国の社会保障財政が悪化している。2020年予算で年金、医療保険などを合わせた収支は赤字となり、積立基金の残高が初めて減る。景気対策による保険料率の引き下げが響く。22年からは中国版「団塊世代」の退職で給付が急増し、財政全体を圧迫しそうだ。

中国には年金、医療保険、労災保険、失業保険、出産保険の5種類、合計7つの社会保険がある。予算では日本の特別会計と同様に「社会保険基金」として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン