中国の社会保障収支、20年は赤字へ 企業負担減免響く

習政権
2020/6/12 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国の社会保障財政が悪化している。2020年予算で年金、医療保険などを合わせた収支は赤字となり、積立基金の残高が初めて減る。景気対策による保険料率の引き下げが響く。22年からは中国版「団塊世代」の退職で給付が急増し、財政全体を圧迫しそうだ。

中国には年金、医療保険、労災保険、失業保険、出産保険の5種類、合計7つの社会保険がある。予算では日本の特別会計と同様に「社会保険基金」とし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]