スパコン富岳の挑戦 日本勢、8年半ぶり世界一なるか

2020/6/12 23:00 (2020/6/13 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本は8年半ぶりの世界一となるか――。オンライン形式で開かれる国際会議で22日、スーパーコンピューターの計算速度に関する最新のランキングが公表される。理化学研究所と富士通が開発した「富岳(ふがく)」が上位に入る見通しで、首位に立つ可能性もある。スパコン開発を主導する米中の「2強体制」に風穴を開けるか、注目が集まる。

スパコンは主にシミュレーション(模擬実験)に使う。世界では次世代の高速計算機、量…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]