山口市、定額給付金の給付率93%

2020/6/12 19:32
保存
共有
印刷
その他

山口市の渡辺純忠市長は12日の記者会見で、国民に一律10万円を支給する特別定額給付金の給付率が同日で93.1%になると明らかにした。全国の給付率は10日時点で38.5%とされ、全国の市町村の中でも給付が早いとみられる。

プレミアム宿泊券を15日に発売すると発表した渡辺純忠・山口市長

山口市内で対象になる8万9765世帯のうち94.5%から申請を受け付け、93.1%の世帯に支給を終えた。早く給付できた要因として「郵便局や銀行など関係機関との事前協議や全庁挙げての応援」を挙げた。印刷業者とも早い段階で交渉に入り、5月19日には申請書の郵送を終えたという。

会見では、山口市内の旅館・ホテルで使用できる「やまぐちプレミアム宿泊券」を15日から市民限定で販売すると発表した。1万円で1万5000円分の利用券を購入できる。発行数は4000セット。市内の湯田温泉旅館協同組合が先行して発売したプレミアム宿泊券はすでに2000セットを完売している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]