地上イージス、山口配備「妥当」 河村氏、首相に報告

2020/6/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は12日、首相官邸で自民党の河村建夫衆院議員と面会した。河村氏は地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に関し、陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)を適地とした防衛省の調査結果について、萩市の有識者会議が「おおむね妥当」としたと報告した。

河村氏によると、首相は「十分検討し、しっかり対応したい」と述べたという。政府は北朝鮮の弾道ミサイルに備え、国内でイージス・アショア2基の配備を計画する。日本全域をカバーするため、東日本は秋田県、西日本は山口県への配備を目指している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]