仮称は「新・国際芸術祭」 トリエンナーレ、予算も減

2020/6/12 18:50
保存
共有
印刷
その他

2022年に予定している国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に関し、名称変更などを検討していた愛知県は12日、仮称を「新・国際芸術祭」として、6月補正予算案に計上していた開催準備費約3800万円を約2千万円に減額することを明らかにした。

19年の開催時には企画展「表現の不自由展・その後」に批判が集まったため、名称変更でイメージを刷新する狙いがある。芸術祭を巡っては県議会で過半数を占める自民党が6月、開催のあり方の再検討を求め、大村秀章知事が応じる意向を示していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]