/

この記事は会員限定です

地銀、郵送通知サービスの終了広がる

[有料会員限定]

全国の地銀で、定期預金の満期や投資信託の分配金などを郵送で案内するサービスを廃止する動きが広がっている。取引履歴や残高を手軽に確認できるインターネットバンキングやスマホアプリが普及するなか、役割の薄れた郵送通知サービスの終了で紙資源の節約や郵送費用の削減が見込める。地銀でもデジタル対応の加速にあわせて、従来型のサービス見直しが進んでいる。

八十二銀行は2021年1月分から、自動継続型定期預金を持つ個人顧客向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン