ペイペイ、企業サイトとの連携サービス提供

2020/6/12 18:25
保存
共有
印刷
その他

スマートフォン決済のペイペイ(東京・千代田)は12日、企業が電子商取引(EC)サイトなどの自社サービスとペイペイを連携できるサービスを始めたと発表した。企業はサービス利用者や消費者に特典として、共通ポイントにあたる「ペイペイボーナス」を付与したり、自社のポイントと交換したりできるようになる。

企業が自社サービスの特典としてペイペイの残高を付与できる

販促ツール「PayPay残高API」の提供を始めた。外部システムと連携できる「API」と呼ばれる技術を提供する。消費者が企業から受け取った残高は通常と同じように加盟店やネット通販の決済に使える。システム導入に伴う費用は固定費が月5千円に加え、企業が付与した金額に応じた手数料を取る。

ペイペイは消費者向けのサービスに加え、販促活動などにスマホ決済を活用したい法人向け事業に注力している。4月には企業がペイペイの利用者に残高を付与できるギフトカード事業を始めた。ペイペイが使われる場面を広げて、収益化を図る。(駿河翼)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]