学生ら農業の貴重な労働力 福島大とJA連携し募集
コロナ危機 地方揺らぐ

2020/6/12 17:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野菜や果物などの収穫期に向け、人手が欠かせない農業の現場で若者の応募が増えている。新型コロナウイルスの感染拡大でアルバイト先の飲食店が休業するなど、収入が減少した学生らの姿が目立つという。さらに農作業は密閉・密集・密接の「3密」を避けやすい環境にあることも、若者が求人に応募する背景にあるようだ。

JAふくしま未来(福島市)は今季、モモやナシ、リンゴなどの摘果作業を福島大学の学生に呼びかけた。福島…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]