/

この記事は会員限定です

プロスポーツ再開、「投げ銭」・VRで楽しみ方提案

[有料会員限定]

国内のプロスポーツが19日のプロ野球を皮切りに動き出す。近年はIT(情報技術)会社を親会社に持つプロスポーツチームは多い。無観客試合などで収益機会が減る中、各チームは「投げ銭」機能や仮想現実(VR)など、ITを活用した施策を通じ、新しいスポーツビジネスを模索している。

「チケットやグッズの減少で今年の売り上げは10億~20億円落ち込む。長期間試合がなくなり、サポーターの意識が離れることへの危機感も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン