プロ野球

プロスポーツ再開、「投げ銭」・VRで楽しみ方提案

2020/6/12 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内のプロスポーツが19日のプロ野球を皮切りに動き出す。近年はIT(情報技術)会社を親会社に持つプロスポーツチームは多い。無観客試合などで収益機会が減る中、各チームは「投げ銭」機能や仮想現実(VR)など、ITを活用した施策を通じ、新しいスポーツビジネスを模索している。

「チケットやグッズの減少で今年の売り上げは10億~20億円落ち込む。長期間試合がなくなり、サポーターの意識が離れることへの危機感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

原監督率いる巨人は4試合のシリーズで最少の16安打に終わった(25日)

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2020は、ソフトバンクが投打に巨人を圧倒して4連覇を果たした。パ・リーグの日本シリーズ制覇は8年連続。巨人をはじめとするセ・リーグ勢は歯が立たない状況が続いている。シ …続き (26日 22:05)

 中日の平田良介外野手が26日、ナゴヤ球場で契約交渉し、現状維持の1億8千万円で更改した。今季は打撃不振や右肘痛などの影響でわずか55試合の出場にとどまり打率2割3分5厘、3本塁打、17打点。悔しい結 …続き (26日 21:47)

入団が決まり、ポーズをとるロッテドラフト2位の中森俊介投手(26日、神戸市)=同球団提供・共同

 ロッテがドラフト2位で指名した兵庫・明石商高の中森俊介投手(18)=182センチ、86キロ、右投げ左打ち=の入団が26日、決まった。契約金6千万円、年俸720万円で合意した。

 高校2年時に甲子園大会 …続き (26日 21:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]