/

服部克久さん死因は腎不全 事務所が発表

11日に死去した作編曲家、服部克久さんの個人事務所は12日、心不全としていた服部さんの死因を訂正し、末期腎不全と発表した。葬儀は近親者で行い、お別れの会は新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見極めながら検討する。

事務所によると、服部さんは昨年秋から腎不全の治療を続けていたという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン